ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ESPRESSO MILK JAM | main | 単品はじめました☆ >>
2011.07.23 Saturday

be on Saturday

みなさん こんにちは
オーナーのAsamiです

今日も札幌は晴れ。
でも肌寒い・・・ビアガーデン開幕しましたが鳥肌でビールがおいしくない。(笑)
25度くらいでしょうか?27度くらいが丁度気持ちが良いですよね☆
もう7月も末・・・・北海道の秋はすぐそこです。
夏はあっという間に終わってしまいそうですね・・・

さて、今日は私の好きな be on Saturday のお話を。

be on Saturday は、be on Sunday とともに週末朝日新聞に折り込まれる
別紙の新聞です。
私はこの be on Saturday の方が大好きです。



この新聞は、3〜4枚しかない薄いものなのですが、
このトップページに特集される「フロントランナー」は、毎回毎回
えらい人がいるもんだなぁ と思わせてくれる素敵な特集です。

こんなことしてる人がいるんだなぁ。
こんなこと考え付く人がいるんだなぁ。
こんな見方もあるんだなぁ。

毎週感服するばかりです。

みなさんは point of view という言葉をご存知でしょうか?
物の見方、という意味ですが、学生時代に私が最も気に入った英単語です。
これを教えてくれた先生は、つねにこの言葉を意識している方でした。

どんな物事にも様々なpoint of viewがあり、
私のpoint of viewと あの人のpoint of view は違う。

いつでも、自分の方からだけ物を見極めようとせず、
その物事に対する様々なpoint of view を考える。

そう意識するようになってから、人ともめたり、誰かを咎めたり頭ごなしにしなくなったように思います

このフロントランナーに特集される人々は、様々な分野のパイオニアでもありますが、
人に評価されているわけではなくとも、ハッ と尊敬できるような、
そんな生き方をしている人ばかりです。

きっとそういう人のpoint of view を知ることが、
自分の見聞を広げ、心を豊かにする近道じゃないのかな〜なんて思いながら
毎週この特集を楽しみにしているわけです ^^


さて、今週の特集である 間野 博行さんは、ガンの遺伝子について研究されている方ですが、
本文の中にこんな一文がありました。

「研究者ならだれでもそうかもしれませんが、とにかく四六時中、考え続けています。
 すると、あるとき発想にターボがかかって、飛躍的に思考が進む瞬間があります。」

私は研究者とは程遠いですが、
実はこれと同じ現象はデザインをしているときにも起こるんですよね〜。

あーーーーーー!!もう全然思いつかない!!
と、何枚かいても全然しっくりこないデザインがあって、
ボツ ボツ ボツ!となって、
もう、一回考えるの止めちゃおうってなるときもあるんですけど(笑)

でも、考え続けて書き続けると、
お! っと舞い降りてくることがあるんですよね。

なにかを生み出すって、そういう共通点があるのかな〜 なんて、
また新発見をした今日でありました☆

新聞離れといわれている昨今ですが、まずは別紙からいかがでしょうか?


ではまた〜



コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album