ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< poroco 別冊 カフェ本 | main | 雨上がり、すみれ色 >>
2012.02.20 Monday

Happy Wedding!!

みなさん こんにちは
オーナーのAsamiです。

今日は先日お受けしましたウエディングボードのオーダーメイドをご紹介します☆

特別な一日のお仕事は大好きです。
ウエディングにまつわるお仕事は、

ウエルカムボードにはじまり、ヘアアクセサリー、リング、リングピローなど
いろいろお受けしていますが、
なかでもウエルカムボードは大切な結婚式の入り口なのでとても緊張します。(笑)

結婚式のアイテムは誰だって細部までこだわりたい物―――。
だけど オーダーメイド となるとちょっと難しく考える方が多いようです。

高いんじゃないかな?
どんなデザインにしたらいいかアイディアがないから・・・

などなどちょっととっつきにくいイメージもあるようです。

私のオーダーメイドは、
まずは参考画像をたくさんお見せするところからはじまります。
どんなものを作りたいか考えるより、あるものからどんなものが好きなのか選ぶことのほうが、
オーダーメイドにはずっと近道だとおもうからです。

せっかくならば、昨日までこの世になかったものを。

これが私のオーダーメイドをお勧めしている理由です。

そう、  せっかくならば  くらいの気持ちでいいんです。(笑)

オーダーする側は、素敵なものを選びたい!とおもう気持ちだけでいいのです。
納得のいく素敵なものを作るぞ!と思うのはオーダーをうける側の使命だからです。

予算のことも含め、なにか作ってみたいな〜と思った方はお気軽にご連絡ください♪

今回のご依頼は、「大人っぽい高級感のある雰囲気」のウエディングボード
というのがスタートでした。

数あるウエディングボードのなかから、お花がたっぷりのタイプをお選びいただき、
会場の雰囲気にあわせて、濃厚なトーンのお花を選びました。



A3サイズのゴールドの枠にはいっています。
ウエディングボードとしてご利用いただいたあとは、写真たてとしてお使いいただけるように、
前面のガラスを二重にし、プレートを差し替えられるようにしてあります。

当日使うだけじゃもったいないです!
形をかえて、当日の思い出が生活に溶け込むようにすることも大切なことです。

そうそう、以前はこんなものもつくりました!



これは ご新郎様から、ご新婦様へ、二次会でサプライズプレゼントにお渡しするものでした。
小鳥モチーフにこだわったお式だったので、
それにちなんでアレンジメントにも小鳥をプラス☆



植物はどうしても枯れてしまうので、小鳥だけがオブジェとしてその後の生活に
残るようにしました☆



さて、皆さんは、どんなものを作ってみたいですか?


ではまた〜☆


コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album